稼いだ翌年の住民税

TOP > 税金TAX > 稼いだ翌年の住民税

稼いだ翌年の住民税

稼いだ翌年の住民税。これは稼いだ額によって、一気に引かれることがあるので注意してね。 住民税のしくみ住民税は前年度の所得に対して市区町村と都道府県ごとに算出された金額。

ガッツリ稼いでも翌年に収める住民税はきちんと確保しておきましょう。

例えば、会社員の場合だとこの金額は普通その年の6月から翌年5月まで12回に分けて働いてる人はお給料から差し引かれることになってます。所得に応じて、額が全然違うので、自分がどれだけ払っているかチェックしてみてね。

退職してしまうと、今度は自分で直接納めなければならないよ。 この住民税、1月から4月の間に退職した場合は、退職時に一括徴収されちゃうんです。これはイタイ! 

例えば、会社員の場合だと1月で退職すると残りの5回分の住民税が給料から差し引かれることになるよ。 6月から12月までの間で退職なら、一括か毎月引き落としの支払い選択ができ、経済的には助かるかな。会社が一括納付してくれるので、あとから毎月支払うかんじ) 5月退職の場合は、5月分だけは引かれるので大丈夫だよ。 毎月結構な額を支払ってるので、給与が多かった人はそれなりに覚悟してください。


稼いだ翌年の住民税関連ページ

確定申告について思うこと
確定申告について年が明けてから、慌てて確定申告の準備をしても遅いのではないでしょ...
稼いだ翌年の住民税
稼いだ翌年の住民税。これは稼いだ額によって、一気に引かれることがあるので注意して...

コメントする